貸し別荘失敗談:森の中


森や林の木々に囲まれた中の貸し別荘って、
緑に囲まれているからとても気持ちよさそう( ̄▽ ̄)。o0○ ポアン

 5月ぐらいのの新緑の季節や夏の日差しが強い時など、
周りの木々は、日差しを和らげてくれて私達の気持ちをリフレッシュさせてくれることはよくありますよね♪
大自然の中の木々に恵まれた環境にある貸し別荘等は、それ以上の効果が望めちゃいます。(*ノノ)
このようなことから、こういう時期に木々に囲まれた貸し別荘を借りることは、検討の価値があることでしょう。

ただーし!!「湿気対策が十分がなされていること」が、絶対条件

 貸し別荘は、元々自然環境の良い山の中などに作られることが比較的多いので、
湿気が発生しやすいものです。
そこへ、木々により日光だけでなく、通風まで遮られると、下記のような問題点が発生しやすくなってしまいます。

・室内が多湿になってしまい、カビ等が発生しやすくかび臭くなる。
・布団等が干しにくくなるので、湿っぽくなってしまいます。
・落ち葉か除去されずに残って腐葉土が多くなると、周囲も湿気の多い状態になってしまう。

 落ち葉や腐葉土は、ムカデ等の害虫も発生しやすくなります。ε=ε=ε= 。・゜(゜ノT-T)ノ
建物の傷みも早くなってしまい、別荘地の林の中で、廃墟のようになった別荘を皆様も
一度はご覧になったこともあるんじゃないでしょうか?

 季節的な問題もあり、梅雨の頃や秋雨の頃等は、
雨の降りやすい季節や冬季に多湿になる地方の別荘を借りる場合は、
上記の問題点に対し、十分な湿気対策がされているかがポイントになってきます。

十分な湿気対策がなされているか

注目サイト


誹謗中傷 弁護士


保育園FC・コンサル


不動産売却 神戸


Last update:2019/6/4